目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

専門用語を解説施術辞典

アグネスリフト

マシン

目の下のクマができる原因にはさまざまなものがあり、そのうちのひとつが皮膚や脂肪のたるみです。このケースにおける目の下のクマを治療する方法として有名なのは、高周波レーザーを照射して古い皮膚を破壊し、再生をうながすもの。この高周波レーザーを使用した施術方法のひとつに、アグネスリフトがあります。
アグネスリフトとは、極細の針を用いて高周波レーザーを照射するもので、ただ肌の上から照射するよりもダイレクトに真皮へ効果を与えることができます。アグネスリフトを利用すると、真皮の引き締め、肌を刺激することによるコラーゲンの生成、脂肪の収縮などにより目の下のクマを大幅に改善することが可能です。

基本情報

料金相場

98,000円~

~160,000円

持続期間 長期的効果を得るには、定期的な治療が必要
麻酔 局所麻酔、クリーム麻酔
痛み 麻酔の痛み
ダウンタイム 1~2週間
たるみの種類 赤クマ、黒クマ

メリット・デメリット

メリット

  • 少ない回数で確かなハリ
  • 術後の腫れが少ない

アグネスリフトは、高周波レーザーを照射するタイプの治療のなかでも効果が高いといわれています。その理由は、そのほかの施術方法のように表面にレーザーを当てるのではなく、針を用いて皮膚の奥の方へ直接照射するため。こうすることで治療効果が高まり、少ない回数で肌にハリがあることを実感できるのです。また、アグネスリフトでは針の先端から高周波レーザーを照射するため、皮膚表面をほとんど傷つけず、そのほかの施術方法と比べて腫れが少なく済みます。

デメリット

  • 次の日は多少の腫れや赤みが
  • 毛嚢炎が起こることもある

そのほかの高周波レーザー治療と比べて腫れが出にくい施術方法とはいえ、アグネスリフトを行ったあとは多少の腫れや赤みが肌に現れます。通常はカムフラージュメイクで隠せる程度ですので、医師からメイクについて学ぶようにしてください。腫れや赤み、たまに出る内出血などは1週間程度で引きますが、ダウンタイムには個人差があります。また、まれに無菌性の毛嚢炎ができることがあります。その他肌に異常を感じたら、医師のもとへ診察に行くことが望ましいといえます。

経験者からの口コミ・評判

プラスの声

目の下のクマを撃退するために、アグネスリフトを試してみました。お医者さんが強くすすめるとおり、びっくりするほど目の下のクマがなくなったので驚いています!長年悩んでいたのが嘘のようです!治療の翌日は少し腫れて、なんだか肌の奥が熱っぽい感じがありましたが、すぐに気にならなくなりました。私の場合、「これはすごい!」って感じられたのは2回治療をした後でした。このへんは、個人差があるそうです。でも、試してみる価値アリです!

マイナスの声

極細の針を使って真皮を刺激する、という施術方法に惹かれてアグネスリフトを試してみましたが、副作用が強く出てしまったみたいで、なんだか大変でした。今となっては目の下のクマが多少は改善されているようで、その点はよかったと感じていますが、1回目で副作用が出てしまったので2回目は挑戦していません。私の場合は赤みが強く出ました。画期的な施術方法もパーフェクトではないので、今回は仕方なかったと思っています。

よくある質問

目の下のクマを治すため、アグネスリフトを試そうと考えています。具体的な治療の流れを教えてください。
まずは医師とカウンセリングを行い、アグネスリフトの施術方法の確認や疑問・要望の相談を行います。そこで治療の内容が確定すれば、治療の前にまずは洗顔を行います。洗顔のあとは、施術の箇所のマーキングと麻酔です。麻酔が効いてきたら、いよいよ目の下のクマを取るための施術に入ります。施術を担当するのは、基本的にカウンセリングを行ったのと同じ医師です。目の下のクマのたるみ具合によって個人差はありますが、治療は20~30分程度で終了します。
針を直接肌に刺すということで、かなり痛いのではないかと心配です。麻酔は打ってもらえるのでしょうか?
もちろん、麻酔はしっかり行いますので、治療中に痛みを感じることはありません。極細とはいえ、アグネスリフトの施術方法は針を直接皮膚に刺すというものなので、患者さんに痛みがないよう麻酔は必須です。麻酔は、クリーム麻酔と局所麻酔を組み合わせて使用します。治療箇所の痛みをなくすための麻酔は局所麻酔ですが、局所麻酔を刺すときの痛みが苦手という人もいらっしゃるので、その痛みを軽減するためにクリーム麻酔が用いられます。
アグネスリフトの治療回数は1~5回とのことですが、すぐに目の下のクマが改善されるわけではないのですか?
目の下のクマを改善する施術方法のなかでも、たとえば脂肪術やヒアルロン酸注入であればすぐにでも効果を実感することができますが、アグネスリフトは即効性のある施術方法ではありません。アグネスリフトでは高周波レーザーを真皮に照射し、組織の引き締め効果を狙います。そのため、最初は組織が強い刺激を受けた状態となり、腫れなどの症状が現れます。そして2~3週間後から、内側からのハリを感じられるとされています。
アグネスリフトでは具体的にどのような効果を実感できますか? また、目の下のクマ以外にも使えますか?
アグネスリフトの施術を受けて2~3週間すると、内側からハリが生まれて「活性化している」と感じられるようになります。効果には個人差がありますが、2回、3回と治療を重ねていくうちに効果が増していくはずです。高周波レーザーを照射するという施術方法が脂肪を直接蒸散させるため、余分な皮膚のたるみによる目の下のクマにも効果的です。アグネスリフトは目の下のクマのほかに、目の下や首などのシワ、アゴ下の脂肪、ニキビ治療などに効果を発揮します。