目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

専門用語を解説施術辞典

ハムラ法

切開

ハムラ法は、目の下のクマを改善することができる施術方法のひとつです。目の下のクマといっても原因はいくつかあり、加齢とともに脂肪が目の下に下りてきてクマを作ってしまっている場合にハムラ法で治療することができます。
ハムラ法は、目の下のクマの治療に従来から取り入れられていた筋皮弁法を改良したもの。筋皮弁法は、目の下にある眼輪筋とその周辺の皮膚が加齢とともに緩んできてしまった場合に行われる施術方法ですが、脂肪によるたるみには効果があまりありませんでした。
ハムラ法では飛び出してしまった脂肪を骨の下に持っていくことができるので、目の下の皮膚を平らな状態にし、目の下のクマを改善することができます。

基本情報

料金相場

300,000円~

~500,000円

持続期間 半永久的
麻酔 局所麻酔、静脈麻酔
痛み 麻酔の痛み、術後の痛み
ダウンタイム 1~2週間
たるみの種類 赤クマ、黒クマ

メリット・デメリット

メリット

  • 半永久的に効果が持続
  • 美しい仕上がりにできる

ハムラ法では目の下のクマの原因となっている脂肪を骨の下へ移動し、そのうえでたるんだ眼輪筋や皮膚を切除していきます。この施術方法では効果が半永久的に持続するため、その後同じ原因で目の下のクマができることを心配する必要はなくなります。
また、目の下のクマを治療する方法として、飛び出した脂肪を切除する施術方法がありますが、ハムラ法はこれに比べて仕上がりを美しくしやすい施術方法だとされています。

デメリット

  • ダウンタイムが長め
  • 医師の技術力による

確実性の高い施術方法により仕上がりがきれいで、術後の痛みもあまりないハムラ法ですが、ダウンタイムは長めです。術後は腫れやむくみ、場合によっては内出血ができ、治まるまでに1~2週間ほどかかります。また、切開することによる傷跡は目立ちませんが、2~3ヶ月は残ります。
ハムラ法はほかに、ハムラ法を用いて十分な治療を行える医師が比較的少ないという点もあります。目の下のクマを確実に治療したいなら、技術力のある医師を探すようにしましょう。

経験者からの口コミ・評判

プラスの声

数年前から目の下のクマが目立ってきて、これがもうコンプレックスでした。疲れが溜まっているんだと思っていろいろ試してみたけど効かなくて、悩んでいたところ、たるんできた脂肪のせいかもしれないと聞きました。美容外科のお医者さんからはハムラ法を勧められまして、本気で治したかったのでハムラ法を選んだところ、見事に目の下のクマが取れました! 目の下にメスを入れる施術方法に最初はビクビクしていましたが、今は勇気を出してよかったと思っています。

マイナスの声

脂肪が下がって目の下のクマができているのなら、確実に治したほうがいいと思って、少し値は張るけどハムラ法を選択しました。美しい仕上がりになると聞いていたのですが、傷口がちょっとだけ見えるせいか、言うほど美しいようには感じていません。目の下のクマ自体は消えたので、そこはよかったです。いろいろな症例写真を見てみると、わたしよりしっかり治っている写真がたくさんあるので、お医者さんによるのかもしれません。

よくある質問

美容外科によってはハムラ法がないこともあります。ほかの施術方法では駄目なのでしょうか?
目の下のクマを治療するための方法はハムラ法だけではなく、ほかにもあります。たとえば、眼輪筋や皮膚を切除する筋皮弁法、目の下の脂肪を裏から切除する脂肪術などでも改善することが可能です。しかしこれらの施術方法と比べて、ハムラ法はより効果が高い施術方法だといわれています。注意いただきたいのは、たるみの改善に効果があるといわれているサーマクールや金の糸などの治療は目の下のたるみ、すなわちクマの改善にはほとんど効果がないという点です。
目のすぐ下を切開するということで、不安があります。治療中、痛みはあるのでしょうか?
局所麻酔、あるいは静脈麻酔を使用しますので、ハムラ法の治療中に痛みを感じることはありません。ただ、これらの麻酔を打つときにチクッとした痛みを感じることはあります。その痛みも少し怖いのであれば、先に笑気麻酔を利用することができます。笑気麻酔を利用すれば、針を刺すときの痛みが最低でも半分に、よく効く方であれば無痛にまで軽減されます。多くの人が笑気麻酔を利用しているので、カウンセリング時に医師に相談してみてください。
メスで切開を行う治療法ということで、内出血が出て赤くなってしまわないか心配しています。
ハムラ法の治療中、内出血が起こることはときどきあります。しかし、患者さんのことを考えた施術を行っている美容外科であれば内出血があった時点で即座に止血を行いますので、内出血が残ることはほとんどないといえます。とはいえ、内出血は完全に避けられるものでもありません。その際のダウンタイムは1週間程度とお考えください。1週間後からはメイクでカムフラージュすることができるので、そのためのメイク方法を医師から教えてもらいましょう。
ダウンタイムが長めなのは仕方ないと思っていますが、できるだけダウンタイムを短くすることはできないのでしょうか?

切開をともなう施術方法である以上、ダウンタイムは1週間から2週間ほどありますが、短くすることは可能です。術後、帰宅したら施術を行った箇所を冷やすようにしてください。冷やす時間は10分から15分程度で、これを3日目まで行います。そうすることで、腫れをある程度軽減することが可能です。また、眠るときに枕の高さを上げることでも、腫れが引きやすくなります。あとは、医師の指示をよく聞き、適切な処置を行うことが大切です。


目のクマ治療に強いクリニック一覧はこちら