目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

専門用語を解説施術辞典

ライムライト

マシン

ライムライトとは、日本人医師によって、日本人の肌向けに開発された光治療器のことです。
メジャーなレーザー治療器はメラニンの少ない欧米人向けに開発されているのですが、ライムライトはメラニンの多い日本人にも効果が発揮されるように設計されています。メラニンを排出する作用があるので「茶色い目のクマ」の改善に効果的。また、日本人によく見られる「薄いシミ」の治療にも優れた効果を発揮し、他にもそばかすやくすみ・小じわや毛穴の開き・赤ら顔やニキビ跡などさまざまな肌トラブルを改善に導きます。
施術中の痛みやダウンタイムが少ないため、患者さんの負担が小さいのも嬉しいポイント。施術後すぐにメイクもできます。会社勤めなどで施術後のお休みが確保できないような方も気軽に受けられる、目のクマ・肌質改善治療のひとつです。

基本情報

料金相場

1回約3万円前後

同上

持続期間 平均3~4週間
麻酔 なし
痛み 術後当日は若干ヒリヒリする場合がある
ダウンタイム ほぼなし(術後にほんのり赤みが出る程度)
たるみの種類 シミ、そばかす、くすみ、毛穴改善、赤ら顔改善

茶色い目のクマや肌トラブル(薄いシミ・そばかす・ニキビ跡)に悩んでいる方におすすめ

メラニンに働きかけるライムライトは、メラニンの色素沈着が原因でできる茶色い目のクマ改善に効果を発揮します。メスを使わないでクマ改善ができるので、ダウンタイムも短く、受けるのにハードルが低い美容施術のひとつです。 また、ライムライトはお肌の“色”と“質感”の両方のトラブル改善にも効果を発揮します。 色トラブルとしてはシミやそばかす・くすみ、そしてニキビ跡などによる赤みなどがあります。ライムライトの長い波長はシミ・そばかす・くすみの原因であるメラニン、そして赤みが表れている表皮に同時に働きかけて、色トラブルをまとめて改善に導くことができます。 次に質感トラブルとしては“ハリがない”“毛穴の開き”などがあります。ライムライトは、線維芽細胞や真皮層に熱作用をかけてコラーゲンの生成を促す働きがあるため、肌に弾力を与えて毛穴を引き締める効果が期待できます。 一度の照射でさまざまな肌悩みを解決できて、しかも日本人向けという、心をくすぐるメリットを持った治療機器なのです。

ライムライトの仕組み

ライムライトは、520nm~1,100nmの幅広い波長の光エネルギーを肌に照射します。フラッシュランプから照射される光エネルギーは皮膚表面から真皮層にまで届き、あらゆる肌トラブルを改善します。 レーザー治療のように局所に照射するのではなく、広範囲に照射できるのが特徴です。広範囲といってもエステ機器のようにパワーが低いものではなく、広範囲かつ真皮層にもしっかりと働きかけることができるのがライムライトです。このようなパワーの関係上、医療機関でしか使用が認められていません。 ハイパワーだからといってハイダメージというわけではなく、施術当日からメイクができます。茶色い目のクマ・シミ・赤みなどの表皮トラブル以外にもハリを取り戻す効果があるので、施術すぐにさまざまな美肌効果を実感することも可能です。

経験者からの口コミ・評判

プラスの声

10代の頃から茶色い目のクマに悩んでいたので、雑誌で見たことのあるライムライトを美容外科クリニックで受けてみました!施術は痛みもほとんどなく、「あっ」という間に終わったという印象。もう何度か受けていますが、確実にクマが薄くなっていて感激です!また、顔全体に照射しているので、シミやくすみだけでなく、ニキビ跡もきれいになった気がします。お肌にハリも出るので、施術を受けるたびにクマは薄く、つるつるのむき卵のような肌になり、大満足です。

マイナスの声

クマ・シミが気になっていたので、日本人向けに開発されたライムライトを受けてみました。しかし、今のところは効果が感じられません。カウンセリングでも教えていただいたのですが、ライムライトは1回の施術では効果があまり感じられないそうですね。美容施術あるあるですが、何回か受けないと効果を実感できないみたい。費用はかかってしまうけど、顔の濃いシミを何とかしたいので頑張ります。「もう少し安ければいいのになぁ」というのが本音です。

よくある質問