目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

専門用語を解説施術辞典

ハッピーリフト

切開

ハッピーリフトは、スレッドリフトの一種。専用の糸を皮膚内に埋め込み、肌を引き上げる治療でほうれい線やたるみを解消します。そのため、ほうれい線やたるみに悩んでいる人はもちろん、アンチエイジング効果をお望みの方におすすめの施術方法です。使用する糸にはとげ状の返しがついており、これらが組織を中央に引き寄せる役割を担っています。加えて糸は、身体に吸収される性質を持っているため、体内に異物が残るリスクは一切ありません。
また、メスを使用しない「切らない治療」であるため、顔に傷がつく心配もほとんどありません。なお、ハッピーリフトという名称はイタリアのPromoItalia社が開発した糸の名でしたが、そのまま治療名としても採用されています。

基本情報

料金相場

100,000円~

~300,000円

持続期間 1~2年
麻酔 局所麻酔、静脈麻酔
痛み 麻酔の痛み、術後の痛み
ダウンタイム 1週間前後
たるみの種類 頬のたるみ、ほうれい線

メリット・デメリット

メリット

  • たるみ・ほうれい線を解消できる
  • 美肌効果が得られる

糸の返しが皮下組織にひっかかり、それを持ち上げる施術方法でほうれい線やたるみを解消します。糸の本数を増やしたり挿入する位置を変えたりと、施術方法を工夫すれば、どんなたるみやほうれい線でもきれいに解消可能です。
また、ハッピーリフトには美肌効果もあります。
治療を行うことで、線維芽細胞を刺激しエラスチンやコラーゲンの生成を促進することが可能です。よって、糸の周辺ではコラーゲンやヒアルロン酸の増産や皮膚の線維化が進み、肌の美しさがアップします。

デメリット

  • 持続面で劣ってしまう
  • 治療後、むくみや腫れが生じることがある

ハッピーリフトで使用する糸は、体内で吸収される性質を持っています。そのため、治療の効果は永久的なものではありません。また、ハッピーリフトの施術方法において、治療後にむくみや腫れが生じることがあります。
くわえて、手術後はしばらくツッパリ感や痛み、ひずみなどの症状が生じることも。場合によっては、色素沈着の症状が見られることもあります。とはいえ、これらは徐々に改善されていくため、それほど問題視する必要はありません。

経験者からの口コミ・評判

プラスの声

ほうれい線があるせいで実年齢より老けて見られていたので、思い切ってハッピーリフトを受けることにしました。美容整形を受けるのは初めてだったのでとても緊張しましたが、メスを入れない施術方法だったので安心して身を委ねることができました。
今、わたしの顔にとてもコンプレックスだったほうれい線はありません。そのおかげか、最近では初対面の人に実年齢より若く見えると言われます。ほうれい線のない、今の自分が大好きです!

マイナスの声

ハッピーリフトのことを知って、すぐに治療を受けることにしました。というのも、私は頬のほうれい線がとてもコンプレックスだったんです。ハッピーリフトを受ければ今よりも幸せな生活が待っていると信じていたのですが、私は副作用に苦しむ結果となりました。
予めこのデメリットを把握していれば、ほかの施術方法を選んだかもしれません。やっぱり、事前確認って大切ですね。今から美容整形を受けようと考えている方には、事前確認を徹底してほしいです。

よくある質問

ハッピーリフトの糸はそのうち体内に吸収されるとのことですが、糸がなくなったら効果はなくなるのでしょうか?
ハッピーリフトの効果は、治療後すぐに実感することができます。むくみや腫れを生じることもありますが、これらが徐々に落ち着いていくるとフェイスラインが安定し始めるのです。その後、半年~1年かけて糸が体内に吸収されていきますが、それと同時に効果も薄れていきます。そして糸が完全になくなると、張力がなくなってしまうため、リフトアップ効果を得ることは難しいといえます。これは、ハッピーリフトの施術方法がもたらす特徴です。
施術時間や日常生活、副作用など、ハッピーリフトのダウンタイムについて知りたいです。
クリニックによって施術方法が異なるため施術時間にも差異がありますが、30分程度といわれています。洗顔・入浴は、翌日からを推奨しているクリニックが多い傾向にあります。また、激しい運動やサウナ、飲酒などは控えたほうがよいとのことです。なお、通院の必要はありません。その日ですべての工程が完了するため、仕事などで忙しい人でも気軽に受けることができます。治療を受ける際は、必ず前もってダウンタイムを確認しましょう。
ハッピーリフトは、ほうれい線以外にどういった悩みを抱えている人におすすめですか?
ほうれい線やたるみに関する悩みを抱えている方はもちろん、このほかフェイスラインのゆるみや肌のハリや弾力が不足していると感じている方におすすめといえます。施術方法はクリニックにより多少異なるため、利用するクリニックは自身に合っているかどうかを確認したうえで選ぶことが大切です。なお、確認する際は施術方法をはじめ、クリニックの実績や価格、アフターケアまでチェックするようにしましょう。
ハッピーリフトの治療で失敗しないためには、どういった点に気をつけたらいいのでしょうか。
ハッピーリフトの失敗事例には、「聞いてた内容よりも腫れがひどかった」、「ダウンタイムが長かった」などがあげられます。このようなことが起こってしまう原因は、医師の経験不足やクリニックによる説明不足である場合がほとんどです。こうした失敗を起こさないためにも、事前に医師の経験値をはじめ、クリニックの実績、施術方法などを確認しておきましょう。そうすれば、満足できる仕上がりを得ることができるはずです。