目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

スキンケアとメイクの見直しが大事! 化粧品の力で目のクマを撃退しよう

  • 目のクマ

目の下のクマにお悩みの人は多いのではないでしょうか。クマの原因や症状は人によってさまざま。クマによっては一朝一夕で解消できないこともあります。そこで、今日から始められる解消法として、有効成分含有の化粧品を使ったケア方法や、メイクでクマをカバーする方法をご紹介します。

クマには種類がある!自分のクマの種類を知る方法

2pixta_13864372_mクマは大きく分けて3種類あります。まずは、自分のクマの種類を知りましょう。あっかんべーをして、目の下の皮膚を下に引っ張りながら、手鏡を持って上を向いてみてください。このときの皮膚の様子で自分のクマの種類がわかります。

・皮膚を下に引っ張ったときにクマが薄くなる→青クマ
・薄くならない→茶クマ
・手鏡を持って上を向いたらクマが消える→黒クマ

クマの種類別!クマができる原因

種類によってクマの原因は異なります。

【青クマ】

青クマの原因で一番多いのは「血行不良」です。目の下の皮膚はとても薄いため、血行が滞っているとヘモグロビンなどの血液の色素が透けて見えてしまいます。寝不足、長時間のパソコン作業や読書などによる眼精疲労、身体の冷え、運動不足、偏った食生活、生活習慣の乱れなど、現代社会には目元の血行不良を引き起こす要因がたくさんあります。体質や遺伝でもともと目の下の皮膚が薄い人も、青クマが目立ちやすくなります。

【茶クマ】

茶クマの原因として考えられるのは主に3つ。その1つは「色素沈着」です。目をこする癖があったりメイクが落としきれていなかったりすると、目元に色素が沈着して皮膚が茶色くなることがあります。2つ目の原因は「乾燥」。かゆみを伴う乾燥の場合には、目元を無意識にこすってしまい、症状をさらに悪化させてしまうことも。3つ目は「日焼けによるシミやくすみの沈着」。特に日焼けをするとすぐに黒くなる体質の人は、日焼けで茶クマが起きやすいといわれています。このほか、小さなシミの集合体がクマのように茶色く見えていることもあります。

【黒クマ】

黒クマとは、目の下にできるクマのような「影」を指します。影ができる原因として考えられるのは、加齢による皮膚のたるみや目元の筋肉の衰えです。特に、もともと涙袋が大きい人や、顔のほりが深い人が黒クマになりやすい傾向にあります。

クマの種類別!どんな対策が有効?

3pixta_8197993_m

ここからはどんなケアがクマの解消に役立つのか、クマの種類別にご紹介します。

【青クマ】

青クマを解消するためには、薄くなった目元の皮膚の「ハリ」を取り戻すことが必要です。ハリを取り戻すには、皮膚のコラーゲンを増やすケアをしましょう。たとえば、週一回程度のピーリングやレチノール配合化粧品がおすすめです。
ピーリングとは表皮層にある古い角質を落とし、肌のターンオーバーを正常に戻す肌質改善方法です。ピーリングは真皮内の組織を刺激してコラーゲン生成能力を高めてくれるので、肌にハリを出してくれます。
一方、レチノール配合化粧品とは「ビタミンA誘導体」を含む化粧品のことです。ビタミンAには肌の細胞を活性化させたり、コラーゲン生成を促したりする働きがあります。レチノールが配合された化粧水や乳液、美容液などが販売されていますので、青クマが気になる人はお手持ちのスキンケアアイテムに追加することをおすすめします。

【茶クマ】

茶クマを解消するためには、「肌の乾燥を防ぐこと」そして「紫外線対策を徹底すること」がポイントです。
乾燥対策として、肌の脂分を過剰に落としがちなオイルクレンジングの使用は控え、マイルドな洗浄力のミルククレンジングを使用しましょう。しかしメイクがしっかり落としきれていないと、色素沈着によってクマを悪化させてしまいます。あくまで優しく、それでいてしっかりメイクを落とせるものを選びましょう。また、洗顔後にはすぐに化粧水をつけ、乳液や美容液、クリームを塗ってうるおいを逃さないようにすることも大切。なお、このときに使用するスキンケアアイテムには、色素沈着を解消する効果があるビタミンC誘導体配合のアイテムがおすすめです。
紫外線対策には、日焼け止めクリームを。紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでいます。ですから、季節を問わず毎日日焼け止めクリームを塗って、徹底してお肌を守りましょう。UVカット効果のあるファンデーションや化粧下地を使うのもおすすめです。

【黒クマ】

黒クマにお悩みの人には、青クマの対策方法と同様にコラーゲンを増やすケアや化粧品の使用をおすすめします。また、たるんだ目元を鍛える表情筋マッサージやツボ押しも効果的です。
ただし目の周りの皮膚はデリケートな部分なので、マッサージもツボ押しも優しく行ってください。

クマの種類別!クマ隠しメイクのやり方

pixta_25639823_m

気になるクマはメイクでカバーすることも可能です。クマの種類によってメイク方法が異なりますので、下記を参考にしてみてください。

【青クマのクマ隠しメイク】

青クマを隠すには、オレンジ系のコンシーラーが効果的です。固形タイプよりも、柔らかいリキッドタイプや筆ペンタイプがおすすめです。目の下は皮膚が薄く、表情の動きにあわせて意外と動く部分です。コンシーラーを厚く塗るとヨレやすくなってしまうので、少量をトントンと叩くように塗り込みましょう。

【茶クマのクマ隠しメイク】

茶クマには、イエロー系のコンシーラーが有効です。青クマと同様に、リキッドタイプや筆ペンタイプを少量ずつ使うようにしましょう。

【黒クマのクマ隠しメイク】

軽度の黒クマであれば、パール感のあるコンシーラーがおすすめ。光の拡散効果で黒クマを目立たなくすることが可能です。しかし、濃い黒クマの場合にはコンシーラーはあまり効果的ではありません。おすすめは、視線を誘導してクマが目立たないようにすること。たとえばアイラインをしっかり引いたり、アイシャドウやリップメイクを濃い目にしたり、明るめのチークを塗ったりすると効果的。見る人の視線が自然と濃いパーツに向かうので、クマが目立ちにくくなります。ただし全てのパーツを濃くすると品がなくなったり、老けた印象になったりすることもあります。濃くするポイントは一箇所だけに絞りましょう。

いかがでしたか。
気になる目のクマには、今回おすすめしたケア方法やクマ隠しメイクを行ってみてくださいね。

 

美の豆知識メニュー

美の豆知識Topページに戻る