目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

皮膚が薄いとクマが出やすいって本当?

  • 目のクマ

下まぶたの皮膚の薄さは人により異なるものです。その薄さは0.5ミリ~0.6ミリというのが一般的ですが、なかにはそれよりもさらに薄い人がいます。下まぶたの皮膚が薄いと、それだけ目のクマやたるみといったトラブルに悩まされる可能性が高くなります。ここでは、その理由と効果的な解消法についてご紹介します。

皮膚の薄さとクマの関係性は悩みにより異なる

クマのコラム5

目のクマにはいくつか種類があり、種類によって悩みが異なります。これらの悩みは、皮膚が薄いことでさらに起こりやすくなります。それでは、皮膚の薄さと目のクマには一体どんな関係があるのでしょうか? 以下では、茶クマと黒クマ、青クマという3つの種類ごとに、皮膚の薄さにより起こりうる問題について詳しくご紹介します。

茶クマの悩み

茶クマは、メイクの落とし忘れや強い摩擦などによるダメージが原因でできる目のクマです。下まぶたは皮脂腺が少なく、水分を貯めこむ力が弱いことから、非常にダメージを受けやすい部分。にもかかわらず、メイクの落とし忘れや摩擦などにより強いダメージを与えてしまうと、皮膚はどんどん色素沈着を起こしてしまいます。これが続けば、やがて茶クマとして現れてしまうようになるのです。そして、皮膚が薄い方の場合は受けるダメージが大きくなるため、症状の進行も早くなります。

黒クマの悩み

黒クマは、下まぶたのたるみが原因となってできる目のクマです。茶クマのところで書いたように、皮膚の薄い下まぶたは非常にダメージを受けやすい部分となっています。にもかかわらず、瞬きなどにより酷使されることが多いため、これが引き金となってシワやたるみが発生することになるのです。皮膚が薄いと、下まぶたが受けるダメージはさらに大きくなります。これによりたるみができるだけでなく、黒クマのリスクが高まってしまうことになります。

青クマの悩み

青クマは、ストレスや睡眠不足が引き金となってできてしまう目のクマです。これらにより体内を流れる血液の循環が悪くなり、それが皮膚から透けて見えることで目のクマとして現れるようになります。下まぶたは全身のなかでも皮膚が薄い部分。そのため皮膚の下を流れる血液の色が透けやすく、皮膚が薄い方はそれがさらに強烈になります。

悩みを解消することはできるのか?

下まぶたの皮膚が薄いと、血行不良や摩擦、たるみなどの影響を受けやすくなります。そして、これにより目のクマができやすくなります。とはいえ、この悩みは自身が努力することで解消することが可能です。以下では、目のクマの解消に有効な方法をご紹介します。

スキンケアで解消

下まぶたは、水分量が低下することでダメージを受けやすくなります。そのため皮膚が薄いなら、その分たっぷり水分を与えましょう。コラーゲンやエラスチンといった成分には肌にハリを生み出す力があるので、これらが配合されたスキンケア用品を選ぶのがおすすめです。毎日のスキンケアを徹底すれば、目のクマだけでなくシワやたるみ、ほうれい線などの解消も期待できます。

生活習慣の見直しを行う

皮膚が薄くても、毎日の生活習慣を見直し・改善することで肌悩みを解消することが可能です。具体的な方法としては、塩分を控える、早寝早起きをする、運動で身体を動かす、バランスよく多くの食材を食べるなどが挙げられます。どれも基本的なことですが、これらを意識的に取り組むことで体調がよくなり、それによりクマやたるみなどの発生を防ぐことができます。

短期間での解消なら美容外科が有効!

今や全国各地に点在する美容外科。美容外科では、自身の要望に適した治療で目のクマやたるみといった肌の悩みを解消していくことができます。メスを使用するものや注射器を使用するもの、レーザーを使用するものなど方法はさまざま。また治療期間やダウンタイムの有無なども治療法により異なります。「イベントが控えているから、それまでに解消したい」、「加齢のせいで、自身での解消が困難になってきた」などという方は、美容外科でプロの力を借りるのが適切だといえます。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る