目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

目のクマの悩みをメイクで解消!裏技メイク術&やりがちNGメイク

  • 目のクマ

目の下のクマで悩んでいる女性にとって、スキンケア商品やマッサージなどでの解消法はありますが、すぐに何とかしたい場合は、メイクでのクマ隠しは必須ですよね。時間のない時は、メイクでカバー!今回は、化粧品の選び方やお化粧時のポイント・テクニックについてご紹介します。

クマを解消するメイク方法は様々。王道のコンシーラーでカバーする方法や、パウダーでトーンアップする方法、メイクアイテムを使った方法まで多岐にわたります。

王道アイテム・コンシーラーの基礎知識

もっとも代表的な目のクマ隠しのメイクアイテムといえば、コンシーラー。説明するまでもないかもしれませんが、コンシーラーとは、部分的に用いるファンデーションのこと。しかし、どのコンシーラーが目のクマ隠しに適しているかご存知でしょうか。

▶目元には“柔らかコンシーラー”

デパートやドラッグストアに行くと、伸びの良い柔らかめのコンシーラーから、崩れにくい硬めのコンシーラーまで、さまざまな種類を目にすることができます。柔らかめのコンシーラーにはチップタイプやリキッドタイプのものが多く、硬めのコンシーラーにはスティックタイプのものが多く見られます。

目元の皮膚はとても薄く、化粧がよれやすい部分であるため、目のクマ隠しには柔らかく伸びの良いコンシーラーがおすすめです。逆に、硬いコンシーラーでがっつりカバーすると、シワにコンシーラーが入りこんで、化粧崩れが目立ってしまうことがあります。

▶コーンシーラーはクマのタイプに合った色をチェック!

目のクマに「茶クマ」や「青クマ」など色の種類があるように、コンシーラーの色にも種類があります。目のクマの種類に合わせた色選びをしましょう。紫外線や目の擦りすぎなどによる、色素沈着やくすみが原因の茶クマには、イエロー系のコンシーラーが適しているとされています。一方、寝不足やストレスなど不規則な生活習慣が原因の青クマには、オレンジ系のコンシーラーが適しているとされています。

 

自分のクマのタイプを知りたい方は、こちらの記事がおすすめ!

 

パール感アイテムで光を操る

しかし、コンシーラーの厚塗りは厳禁。よれやすくなったり、乾燥の原因になったりして、クマをこじらせてしまう可能性があります。そこでおすすめしたいのが、“パールアイテム”。メイクの終わりに、目の下部分にシャンパンゴールドや、ピンクゴールド系のパール感のあるパウダーをふわっと重ねましょう。光の反射効果で、クマが目立たなくなります。目の下からこめかみに向けて、サっとブラシを動かすイメージです。

他にも、下瞼全体に白パール系統のアイライン(もしくはアイシャドウ)を引くのもおすすめです。下瞼にちょっと光を足すだけで、目のクマがかすむようになります。ただし、“極細”に引くように気をつけてください。

 

クマを目立たなくする裏技メイク

一見、目元とは関係のないアイテムやパーツから、目のクマ解消にアプローチする方法もあります。ちょっぴり驚くかもしれませんが、まずは1日の終わりなどに試してみてはいかがでしょうか。

 

▶青クマには、赤いリップでクマ隠し

頑固な目のクマは、赤いリップを使って隠すこともできます。隠し方は、とっても簡単。クマ全体に赤いリップを塗り、その上からコンシーラーをトントンとのせます。そして最後に、パウダーファンデーションやフェイスパウダーをのせるだけ。「赤いリップで本当に隠せるの!?」「かえって赤みが目立つんじゃない……」と心配する人もいるかもしれませんが、意外にしっかりと目のクマを隠すことができるのです。

その理由は、リップの赤色が補色になり、青色のクマをカバーしてくれるから。じつは青の補色カラーは、オレンジ系の赤なのです。だから、青みのあるクマは、オレンジっぽい赤で隠れやすくなります。こういった原理があるので、黒クマには効果がないことを覚えておきましょう。

また、リップは保湿効果もあるため、目元の潤いを保ちながらクマを隠せるのも嬉しいポイント。お手持ちの赤いリップを使って、一度試してみてはいかがでしょう。

 

▶ポイントメイクで視線を誘導

目のクマ解消メイクは、なにも隠すだけではありません。目元以外のポイントメイクに力を入れることで、クマを目立たなくさせることができます。たとえば、明るい色のリップで口元に視線を集めたり、ちょっぴり濃いめにチークを入れて頬に視線を集めたりするなど、目のクマ以外のパーツに他人の視線を誘導することで、クマを目立たなくさせることができるのです。この裏技メイク術は、化粧品を新たに購入する必要もないため、すぐに試せるのが嬉しいポイント。

 

ありがちなNGメイク【コンシーラー編】

「クマを目立たなくさせよう……」と頑張っていても、そのメイクが間違っていては意味がありません。クマ隠しのメイク方法を間違えると、かえってクマを目立たせてしまう可能性もあります。以下では、ありがちな、コンシーラーの間違った使い方についてご紹介します。

▶色が合っていない

自分の肌よりも明るすぎるコンシーラーを使うとかえってクマを目立たせてしまう場合があります。できるだけ自分の肌に近いコンシーラーの色を選ぶようにしましょう。

▶コンシーラーの塗りすぎ

コンシーラーを使っても、なかなか隠しきれない頑固なクマも多くあります。クマを完璧に隠そうと、ついコンシーラーを塗りすぎてしまう人も少なくはありません。しかし、コンシーラーを塗りすぎると、逆にメイク崩れが起こりやすくなってしまいます。

コンシーラーだけ化粧崩れして、クマの部分が浮き出してしまい、かえって目のクマが目立ってしまう、なんてことも。そうならないためにも、コンシーラーは少量を丁寧に塗ることを意識して使いましょう。よく叩き込んで、肌に馴染むように。そして、仕上げにパール感のあるフェイスパウダーを用いるようにしましょう。

 

メイク前に試して!スキンケア段階からクマ解消

また、メイク前のスキンケア段階で、少しだけ目元を温めてみることもおすすめです。方法は簡単。洗顔時に、少し熱いと感じる温度のお湯を手にすくって、目の周りを温めます。充分に両目が温まったと感じたら、今度は冷たい水で目の周りを冷やします。そうすると、血行が促されて、クマが軽減された状態でメイクを開始することができます。他にも、乳液を塗るときは、ぜひ“眉毛”の凝りもほぐしてみてください。眉毛も目の周りの一部分なので、ここの凝りをほぐすことで、目のクマ解消に一役買ってくれます。

 

正しくコンシーラーを使い、ときには裏技やスキンケア方法を駆使して、クマ解消メイクを楽しんでみてください。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る