目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

目の下のクマを予防して若々しい目元を

  • 目のクマ

目のクマがあると、老けて見られるほか、周りから暗い印象を持たれてしまうという問題もあります。クマの種類によってはメイクで隠すことができますが、隠しただけでは悩みを解消することはできません。
目のクマが起きた際はしっかりケアをして解消すること、また目にクマができないよう事前に予防しておくことが大切です。

クマの種類ごとにケア方法が異なる

クマのコラム2

目のクマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があります。どのクマの悩みを抱えているかは人それぞれですが、これらは努力次第で予防・解消することが可能です。種類ごとに適したケア方法があるため、目のクマの悩みを抱えている方は、以下を参考にしてみてはいかがでしょうか。

血行改善に努める

青クマは、血行不良が原因で起こるものです。ストレスや睡眠不足が続くと血行が悪くなり、これが青クマとして下まぶたに現れることになります。そのため青クマを予防するなら、普段から眼精疲労を溜め込まないよう意識する必要があります。ホットタオルやホットアイマスクを使用したり、定期的にマッサージしたりするのがおすすめです。

スキンケアを見直す

茶クマは、下まぶたの色素沈着が原因で起こるものです。これを予防・解消するためには、日頃のスキンケアの見直しが効果的です。目元を保湿することはもちろん、クレンジング力を調節する必要があります。目元をこすることで色素沈着を起こしてしまうこともあるので、こすらずメイクを落とせるクレンジングを使用すれば、茶クマを防ぐことができます。

たるみをケアする

黒クマは、下まぶたのたるみが原因で起こるものです。たるみがあることで目の下に影ができるため、黒クマを予防することはたるみを予防することでもあるのです。そこで、黒クマや下まぶたのたるみ予防に効果的なのがアイクリームによるケアです。
いつものスキンケアにアイクリームをプラスすることで、目元をしっかり保湿することができます。これにより、黒クマやたるみといった肌の悩みを予防・解消できます。

ほかにもある! ツボ押しやサプリでクマの予防・解消

上記のほかにも、目のクマの予防・解消に効果的な方法はいくつかあります。たとえば、眼精疲労に効果のあるツボを押す、目によい成分を摂取するといった方法があげられます。空いた時間を使って行ったり、日常生活のなかで心がけたりするだけでよいので、自身に合った方法を選んで実践してみてはいかがでしょうか。

ツボを押して眼精疲労を回避

人間の身体には、至るところにツボがあります。なかには眼精疲労に効果的なツボもあり、これを刺激することで目のクマの悩みを解消することが可能です。まずは、目頭の内側にあるツボです。目をつむり、目頭の内側に親指を人差し指を軽くあてます。そして、2本の指を使ってその箇所に円を描き、これを60秒ほど続けましょう。
このほか、こめかみ部分にも眼精疲労に効果的なツボがあり、手のひら全体を使って優しくプッシュするのもおすすめです。なお、ツボ押しと併せて目元のマッサージを施せば、目のクマだけでなく下まぶたのたるみを解消することもできます。ただし、たるみをなくしたいからといって強くこすりすぎるのは避けましょう。

食品から目によい成分を摂取

目のクマの悩み解消に効果を発揮する成分といえば、鉄分です。鉄分には酸素運搬の働きをよくする力があるため、日頃の食事から積極的に摂取することで血行をよくすることができます。鉄分を含む食品には、レバーやほうれん草、ひじき、もずくなどがあります。また、血行をよくする玉ねぎを食べるのもおすすめです。

サプリの服用で悩み解消

仕事が忙しい、付き合いで外食が多いなどという方は、食事から摂取するのが難しいといえます。しかし、だからといってこれらの悩みを解消できないというわけではありません。食事からの摂取が難しい場合は、サプリメントの服用がおすすめです。ビタミンAアントシアニンといった成分が含まれたサプリメントを服用するだけで、眼精疲労を和らげることができます。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る