目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

年齢よって生じる「目のクマ」や「ほうれい線」、「顔全体・目元・口元などのたるみ」は、見た目年齢を老けさせる大きな要素です。写真や鏡を見て、老けを感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。
こういったトラブルは、年齢を重ねることで蓄積されたダメージに、様々な原因が絡み合い深刻化していきます。 ここではそんな様々な悩みに関する、あらゆる美の豆知識コラムを更新していきます!

  • 目のクマ

クマの治療法やトラブルの種類について

目のクマやたるみは、治療を受けることで改善することが可能です。ただし、治療を受けることでダウンタイムが発生したり、場合によってトラブルに発展したりする可能性があることを知っておく必要があります。そのときになって焦ることがないよう、以下で紹介する“起こりうるダウンタイムやトラブルの種類”を押さえておきましょう。

  • 目のクマ

皮膚が薄いとクマが出やすいって本当?

下まぶたの皮膚の薄さは人により異なるものです。その薄さは0.5ミリ~0.6ミリというのが一般的ですが、なかにはそれよりもさらに薄い人がいます。下まぶたの皮膚が薄いと、それだけ目のクマやたるみといったトラブルに悩まされる可能性が高くなります。ここでは、その理由と効果的な解消法についてご紹介します。

  • 目のクマ

目の下のクマを予防して若々しい目元を

目のクマがあると、老けて見られるほか、周りから暗い印象を持たれてしまうという問題もあります。クマの種類によってはメイクで隠すことができますが、隠しただけでは悩みを解消することはできません。
目のクマが起きた際はしっかりケアをして解消すること、また目にクマができないよう事前に予防しておくことが大切です。

  • 目のクマ

目のクマは病気や不調のサインでもある!

自身の美容面に多大なる悪影響を及ぼす、目のクマ。じつは目のクマによる悪影響は美容面だけでなく、健康面にまで及ぶ可能性があるといわれています。血行不良や下まぶたのたるみなど、クマができる原因は種類により異なりますが、場合によっては病気が原因となっていることもあるのです。ここでは、目のクマの悩みに隠された病気のリスクについてご紹介します。

  • 目のクマ

自分のクマの種類、どうやって見分ければいい?

目のクマは、年齢より老けて見られる原因となりうるものです。そんな目のクマには、青クマ、茶クマ、黒クマという3つの種類があります。種類により起こる原因や解消法が異なるため、きれいに解消するには自身の目のクマがどの種類なのかを把握しておくことが大切です。ここでは、それぞれが起こる原因と色の見分け方をご紹介します。