目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

目の下のたるみを切らない治療!ハムラ法と裏ハムラ法

  • まぶたのたるみ

深刻化した目の下のたるみを改善するためには、美容外科クリニックで施術を受けるのが一番。しかし、美容外科での目の下のたるみ施術にはたくさんの治療方法があって、どれがいいのかわからない――という方は多いのではないでしょうか。そんな方にぜひ知ってほしいのが、ハムラ法と裏ハムラ法という施術です。今回は、こちらの2つの施術法について、施術内容やメリット・デメリットなどをご紹介します。

ハムラ法とは?どんな施術?メリット、デメリットは?

ハムラ法とは、目の下の膨らんだ脂肪を凹んでいる部分に移動させる施術です。正式には「眼窩脂肪移行手術」といいますが、この施術を考案した医師の名前をとって「ハムラ法」と呼ばれています。

ハムラ法の施術方法は、まぶたの表側、まつ毛の下の目立たない箇所を切開し、たるみの原因となる膨らんだ脂肪をその下で影となっている凹み部分に移動させるというもの。目の下をフラットに整えることで、スッキリとした若々しい目元を実現できます。

 

ハムラ法では、余分な脂肪を“除去”するのではなく、あくまで“移動”させるだけですので、まぶたを切開して脂肪を除去する「脱脂法」に比べて身体への負担が少なく済みます。くわえて、脱脂法のデメリットである「脂肪を取り除くことで、かえって目の下に凹凸ができてしまう」という事態を避けることができます。このほか、ヒアルロン酸注入のように異物を体内に入れるわけではなくあくまでも自分自身の脂肪を移動させるだけのため、身体への馴染みが良く安全性が高いというメリットも。

 

ただし、ハムラ法では術後に抜糸が必要で、その間の1週間ほどは腫れが続きます。人によっては痛みをともなったり強い腫れが出たりすることも。抜糸後しばらくすると腫れは引いていきますが、人によってはその後も赤味が残るおそれも。また、ハムラ法ではまぶたの表面から皮膚を切開するため、場合によっては左右の目の印象や形が変わってしまうことがあります。このような失敗を避けるためには、ハムラ法の経験が豊富なドクターに施術してもらうことが大切です。

 

裏ハムラ法とは?どんな施術?メリット、デメリットは?

裏ハムラ法は、まぶたの裏(結膜側)に穴を開け、余分な眼窩脂肪を凹んでいる部分に移動させる施術です。正式には、「経結膜的眼窩脂肪移行術」と呼ばれています。目の下のたるみの原因となる余分な脂肪を凹んでいる部分に移動させるという点ではハムラ法と同じですが、裏ハムラ法ではまぶたの表皮を切開するわけではないので、目に見える部分に手術跡が残らず、ダウンタイムも数日から1週間程度と少なく済みます。また、裏ハムラ法では切開部分を縫合しないことが多いため、術後に抜糸を行う必要もありません。アイメイクも手術の翌日から可能です。このようなメリットの多さから、裏ハムラ法は、目の下のたるみ治療において、現在最も注目されている施術法だといっていいでしょう。

ただし、裏ハムラ法は、目の下のたるみが気になっている方誰にも向いている施術というわけではありません。目元の皮膚のたるみが多い方の場合、裏ハムラ法で脂肪を移動させてもかえって皮膚が余ってしまい、余計に老けた印象になることがあります。このほか、施術の性質上、目の小さい方やまぶたの皮膚が厚ぼったい方にも、裏ハムラ法は向いていません。

また、裏ハムラ法は、非常に高度なテクニックを必要とする施術です。経験の浅いドクターが施術を行うと、思わぬ失敗を招くおそれもあります。裏ハムラ法に限らず美容外科で受けるすべての施術にいえることですが、信頼のおけるクリニックを選ぶことが施術の命運を分けます。

 

ハムラ法、裏ハムラ法は、それぞれどんな人に向いている?

ハムラ法は、目の下のたるみが気になるという方はもちろん、目の下の脂肪の膨らみとその下の凹みの段差によって目元に影ができ、それが黒いクマのように見えるという方に向いている施術です。また、目の下のたるみが多くて裏ハムラ法の施術に向いていない方は、ハムラ法を検討してみましょう。

 

一方、裏ハムラ法は、皮膚を切開するのはイヤという方や、手術跡を残したくないという方、自然に目元を整えたいという方におすすめです。メイクで傷跡を隠すのが難しい男性からも選ばれています。しかし、前項でご説明したように、裏ハムラ法は目の下のたるみが多い方や目が小さい方、まぶたが厚い方には対応できないことがあります。そういった場合には、ハムラ法をはじめ、他の施術方法を検討しましょう。

 

美容外科クリニックで行う目の下のたるみ施術として注目されている、ハムラ法と裏ハムラ法。目の下のたるみにお悩みを抱えている方は、ぜひ一度クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。美容外科の施術では、セルフケアとは比べ物にならないほど短期間で大きな効果が得られます。目の下のたるみが改善すれば、見た目年齢はグッと下がって若々しい印象になれるものです。ぜひ美容外科での施術を検討してみてくださいね。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る