目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

重たいまぶたのせいで人相が悪い気がする!そんな方向けメイク法

  • まぶたのたるみ

まぶたが腫れぼったかったり、たるんだりしていると、目つきや人相が悪く見えてしまうもの。でも、腫れぼったいまぶたは、メイク次第でいくらでもパッチリ見せることができるのです。今回は、アイシャドウやマスカラなどを使って簡単にで […]

まぶたが腫れぼったかったり、たるんだりしていると、目つきや人相が悪く見えてしまうもの。でも、腫れぼったいまぶたは、メイク次第でいくらでもパッチリ見せることができるのです。今回は、アイシャドウやマスカラなどを使って簡単にできる、パッチリアイメイクのコツをご紹介します。

 

使用するシャドウのカラーは?

重たいまぶたをパッチリ見せるには、使用するシャドウカラーの選び方が重要です。重たいまぶたに暖色系はNG。ピンクやオレンジなどの暖色系を使ってしまうと、ますます腫れぼったいまぶたに見えてしまいます。おすすめしたいのが、引き締め効果のある色。日本人の肌色になじみのよいブラウンカラーが使いやすくておすすめです。

シャドウの1番濃いカラーは目のキワに乗せましょう。目を開けたときに少し見える程度に塗るのがポイント。また、目尻の下や涙袋にハイライトを入れることで、よりメリハリのある目もとに仕上げることができます。ハイライトには、ライトベージュや、派手すぎないゴールド系の、肌なじみのよいカラーを用いるようにしましょう。

もしも暖色系カラーを使いたい場合は、目のキワにポイント的に使ったり、下まぶたにふわっと使ったりする方法がおすすめです。目のキワに使う場合は、ビビッドカラーがおすすめ。目の印象がキリっと引き締まって、パッチリ効果が得られます。

 

厚めまぶた鉄則のアイラインの引き方

厚めのまぶたをスッキリとした印象に見せるためには、アイラインの引き方も重要です。アイラインの引き方は、「太め&長めに引くこと」が鉄則。通常、アイラインは目のキワを埋めるように引いていくものですが、まぶたが厚い人の場合、そのような引き方では、目を開けた際にアイラインがまったく見えなくなってしまいます。アイライン効果で目もとを大きく見せるためにも、アイラインは、“気持ち”太めに引くようにしましょう。また、目頭や目尻に少し長めに引くと、より目もとをパッチリと大きく見せることができます。

自然な印象に仕上げたい場合はブラウン、メリハリのあるクールな印象に仕上げたい場合はブラックのアイライナーを用いることがポイントです。

 

もっとも重要なのは「まつ毛」

重たいまぶたをスッキリとした印象に見せるためのアイメイク術でもっとも重要なのは、実は「まつ毛」です。どんなにアイシャドウやアイラインでメイクを完璧に仕上げても、まつ毛が完璧でなければ「台無し」といっても過言ではありません。

マスカラやビューラーを使ってまつ毛を長く、濃く、しっかりと強調させることで目もとに奥行きが生まれ、ハッキリとした印象に見せることができるのです。マスカラは、重ね塗りをしましょう。マスカラを重ねれば重ねるほど、パッチリとした目もとに仕上がります。マスカラを付ける前にマスカラ下地を使えば、より手軽にまつ毛を長く、ボリュームを持たせることができるようになります。自まつ毛が短い人は、つけまつ毛をしたり、まつげエクステをしたりしてみてもよいでしょう。

 

このように腫れぼったく重たそうに見えるまぶたでも、メイク次第でパッチリと見せることができます。でも、肌に負担になるようなメイクは控えてくださいね。まぶたが腫れて、今よりも重たい目になってしまう可能性があります。また、メイクを落とす際は、専用のリムーバーなどを使い、優しくオフしましょう。

 

なお、腫れぼったいまぶたをほうっておくと、「たるみ」の原因になってしまいます。まぶたのたるみをしっかりと治療して改善たい方には「切開法」や「埋没法」など、美容外科クリニックでの治療を検討してみるといいでしょう。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る