目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

ほうれい線対策グッズで、ほうれい線を解消しよう!

  • 顔のたるみ・ほうれい線

年齢を感じさせる顔のたるみやほうれい線。多くの女性にとって、それらは「大敵」です。美しさや若々しさを維持するためにも、顔のたるみやほうれい線はなんとしてでも消し去りたいもの。それらは、日頃から対策することで予防することができるのです。
ここでは、ほうれい線の対策グッズについてご紹介します。

美顔器タイプ

2pixta_1056091_M

女性の大敵であるほうれい線は、さまざまな方法を用いることで消すことができます。スキンケアでほうれい線を消すこともできますし、美容外科で治療を受けることにより消すこともできます。特に美容外科での治療は、効果も確実。見違えるほど若返ることができます。
また、もっと手軽な方法として「ほうれい線対策グッズ」があげられます。ほうれい線を消すための対策グッズは、巷でも大人気!美意識の高い多くの女性がほうれい線の対策グッズを愛用しています。ほうれい線対策グッズの種類はさまざまで、その一つに「美顔器タイプ」があります。美顔器とは、スキンケアに用いる美容機器を指します。超音波やレーザー光線、イオンなどを放出して肌にハリや潤いを与え、毛穴を引き締めたり、メラニン色素を減らしたり、顔の筋肉を引き締めたりします。美容外科やエステサロンなどで用いられるのはもちろん、近年は片手で手軽に使える家庭用のものも普及しており、多くの女性が愛用するスキンケアアイテムの一つとなっています。日頃から美顔器を用いて顔の筋肉を引き締めることで、ほうれい線は予防・消すことが可能です。

口にくわえるタイプ

3pixta_22033255_M

ほうれい線ができるのは、加齢によるたるみや筋力の衰えが主な原因……。顔の筋肉が衰えることでたるみが生じ、ほうれい線ができてしまうのです。そのため、ほうれい線を予防・消すためには、顔の筋肉を鍛えることが大切。とはいえ、顔の筋肉の鍛え方ってどうやればいいのか分かりませんし、鍛える方法を教わったとしても継続させるのが大変です。きちんとした方法を忘れてしまう方も少なくはないでしょう。
そこでおすすめとなるのが、「口にくわえるタイプ」のほうれい線対策グッズです。グッズであれば使い方も明確ですし、継続して使いやすくなります。一口で「口にくわえるタイプ」とはいっても、その種類はさまざまです。なかでも、世界的に有名な某サッカー選手がイメージキャラクターをつとめるグッズは大人気で、モデルや芸能人など多くの著名人も愛用しているのだとか。使い方は、口にくわえて30秒間頭を上下に振り、それを1日2セット行うだけ。たったこれだけで口周りの筋肉が刺激され、鍛えることができるのです。1日たったの1分間トレーニングに費やすだけで構わないので続けやすく、日常的にほうれい線を予防・消すことができます。

フェイスマスクタイプ

4pixta_17907581_M

女性であれば誰もが「いつまでも若々しさを保ちたい」、「美しくなりたい」と考えるものです。そのため、多くの女性はスキンケアなどを行って肌の美しさを保とうと努力します。とはいえ、いくらスキンケアを行ったとしても顔の筋肉が衰えてしまえば顔にたるみやほうれい線が生じてしまいます。年齢を重ねるとともにでてくるほうれい線……。ほうれい線があると実年齢よりも5~10歳は老けて見えてしまうため、「消し去りたい」、「予防したい」と考える女性は多いはず。そこで、「美顔器タイプ」や「口にくわえるタイプ」などのほうれい線対策グッズを用いてほうれい線を消す、または予防する女性は多くいますが、他にも効果的なほうれい線対策グッズとして「フェイスマスクタイプ」もあげられます。
一口で「フェイスマスクタイプ」とはいっても、その種類はさまざま。スキンケアを目的としたフェイスマスクタイプもあれば、リフトアップ効果のある補正マスクタイプのフェイスマスクもあります。着けるだけで簡単に表情筋のリフトアップができ、顔のたるみやほうれい線を予防・消すことができるため、「手軽にほうれい線を撃退したい」という方におすすめです。

「噛むだけ」でほうれい線を消すことも

5pixta_16877601_M

美顔器タイプや口にくわえるタイプ、フェイスマスクタイプなどほうれい線の対策グッズはさまざまではあるものの、普段私たちがよく口にしているものを用いてほうれい線を消す・予防することもできます。普段私たちがよく口にしているもの……それは、「ガム」です。ミント味やシトラス味、グレープ味やピーチ味などさまざまな味を楽しむことができるガム。食事の後や口が乾いたとき、または口さみしいときなどにガムを食べる人はたくさんいます。子どもから大人まで、老若男女問わず多くの人々が口にするガムではありますが、実はこれ、ほうれい線の予防効果が期待できるのです。
現代の食事は柔らかいものが多く、よく噛まずに食べられるものであふれています。そのため、アゴや口周りの筋肉が発達せず、また、衰えやすい環境下でもあるのです。ガムを意識して日常的に噛むようにすれば、日頃から口周りの筋肉を鍛えることができます。口周りの筋肉を鍛えることができれば、肌のたるみを予防することができ、結果、ほうれい線の予防にも繋がるのです。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る