目のクマ治療に強い! 都内の美容外科総合ランキング

目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

目のクマと涙袋ってどう違うの?クマと涙袋の関係性

  • 目のクマ

ぷっくりタイプの目のクマ。こういったタイプのクマと混合されがちなのが、涙袋です。この中にも、「ぷっくりタイプのクマと涙袋は同じ」という風に認識している人は多いのではないでしょうか。たしかに、どちらも目の下にできてぷっくりと膨れているという点は共通していますが、クマのある目と涙袋のある目では、顔の印象が大きく異なります。

ぷっくりタイプの目のクマと涙袋の違いって?

クマのコラム201606-1_1

クマがあると老けた目元になるのに対して、涙袋は美しく魅力的な目元を演出してくれるものです。しかし、そんな涙袋も年齢と共にクマに変わってしまうことがあります。そのため、クマと涙袋は全く関連性がないというわけでもないのです。今回は、ぷっくりタイプの目のクマと涙袋の違い、ぷっくりタイプの目のクマや涙袋からできてしまったクマを予防・改善するための方法などについてご紹介しましょう。
目のクマの中には、一見涙袋のようにも見えるぷっくりしたクマもあります。そういったクマは、涙袋と混合されがちです。でも、涙袋とクマには決定的な違いがあります。

ぷっくりタイプのクマは、目の下の脂肪の膨らみによって形成される

皮膚の薄い目の下は、眼窩脂肪という脂肪が蓄積しやすい状態にあります。眼窩脂肪が蓄積されると、一見涙袋のようにも見える「目袋」が形成され、その下に影が生じるようになります。この影こそが、ぷっくりタイプのクマ。つまり、クマとは目の下の膨らみを指すものではなく、影を指すものということになります。

涙袋は、生まれ持った目元の筋肉の膨らみによって形成される

涙袋を目の下の脂肪による膨らみと勘違いしている人は多いといいます。ですが、涙袋の正体は意外にも筋肉。涙袋は脂肪ではなく、筋肉の膨らみによって形成されるものなのです。目の下には、皮膚、眼輪筋、瞼板の3つがあり、涙袋はこの3つで構成されています。笑ったり、泣いたり、怒ったり、表情を変える度に涙袋が強調されるのも、このためといえます。

早く治すのが吉!ぷっくりタイプのクマも、涙袋も、歳を重ねるごとに老け顔の原因となる……?

若い頃は涙袋のようにも見えるぷっくりタイプの目のクマ。しかし、目の下の皮膚は年齢と共にハリや弾力を失くしていき、たるみがちになります。目の下の皮膚がたるんでくると、皮膚は目の下に蓄積された眼窩脂肪を支えきるのが困難となり、段々と目元の皮膚が下がってくる状態に。最終的に、目の下には更に深いクマができてしまい、老けた目元をつくりだしてしまいます。こういった事態を避けるためにも、クマは早いうちから治すようにしましょう。目の下のクマと涙袋が一緒ではないということを早い段階からしっかり認識しておくことが大切です。また、涙袋のある人も油断禁物。というのも、涙袋のある人は将来的に目の下にクマができやすいのです。皮膚だけでなく、目の下の筋肉も年齢と共に衰えていきます。筋肉が衰えると、それまではぷっくりと膨らんでいた部分の皮膚が垂れてたるみと化し、その下にはクマが形成されてしまうことに……。

目の下のクマを治すことは、いつまでも美しく魅力的な目元を維持することにつながる

クマのコラム201606-1_2

ぷっくりタイプの目のクマは、加齢と共に老けた目元をつくりだすクマに発展しかねないものです。また、若い頃は魅力的な目元を演出してくれていた涙袋も加齢によって筋肉が衰えればたるみとなり、クマをつくりだしてしまいます。ここでは、そんな将来的なクマを防いだり治すために今から行うべき対策・治療についてご紹介しましょう。

ぷっくりタイプのクマ「黒クマ」を治すには、美容外科の脱脂術+脂肪注入がおすすめ!

ぷっくりタイプの目のクマは加齢による皮膚のたるみによって「黒クマ」となります。脂肪の突出と皮膚のたるみの下にできる影により、老けた目元をつくりだしてしまうのが特徴です。そんな黒クマを予防したり治すには、美容外科で行われている脱脂術+脂肪注入といった治療を受けるのがおすすめです。脱脂術では、皮膚のたるみによって動いてしまった眼窩脂肪を除去し、目の下の凸凹を改善します。そして、脂肪がなくなって凹んでしまった部分には脂肪注入を行い、バランスを整えます。黒クマを治すことができるのはもちろん、眼窩脂肪を確実に除去することからたるみ知らずの若々しい目元を手に入れることができます。

 

 

涙袋がクマになるのを防ぐ、涙袋によってできてしまったクマを治すには

涙袋のある人は、涙袋のない人よりも将来的に目のクマができやすい体質といえます。そのため、涙袋のある人は、若い頃からウィンクなどで目の下の筋肉を動かすなどして、目のクマができないように対策する必要があるといえます。おすすめは、眼輪筋トレーニング。眼輪筋トレーニングには様々な方法があります。目を見開いて眼球を∞の文字を描くように動かす方法、寄り目をする方法、眩しい目つきをする方法などがあります。とにかく、普段使わない眼輪筋を意識して動かすことが大切です。とはいえ、眼輪筋トレーニングはあくまでも涙袋がクマになるのを防ぐための予防策。すでに涙袋がクマになってしまったという人には効きません。涙袋からクマが形成されてしまったという人は、美容外科でヒアルロン酸注入や裏ハムラ法、脂肪注入などで目元の凹みを改善してクマを治す方法がおすすめです。涙袋からできる目のクマは、筋肉の衰えによる皮膚のたるみ、たるみ下の凹みが原因です。たるみ部分にヒアルロン酸や脂肪でハリを持たせることで、クマを治すことができます。

 

クマを治すなら、美容外科を利用して治すのが最も効果的!

将来的に黒クマと化するぷっくりタイプのクマ、そして涙袋。これらは、若い頃はそんなに気にならなくても、加齢と共にあなたの印象をどんどん老けさせていくものです。そして、ぷっくりタイプのクマから発展した黒クマ、涙袋から発展したクマは、色素沈着などによって形成されるクマよりも改善が難しいとされています。そのため、いつまでも美しく魅力的な目元を維持したいという人は、早い段階から目のクマ対策や治療に取り組みましょう。美容外科では、即効性のある方法でクマを治すことができます。「もう手遅れ…」と諦めかけている人はもちろん、「今後、クマができるのを防ぎたい」という人にもおすすめです。

 

目の下のクマ治療で人気のクリニック

1位 セオリークリニック

2位 銀座みゆき通り美容外科

3位 聖心美容クリニック

 

美の豆知識メニュー

美の豆知識Topページに戻る