目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

美容外科初心者におすすめ!切らないクマ治療

  • 目のクマ

美容外科では様々な種類のクマ治療を取り扱っており、中には即効性のある効果が期待できる治療もあります。美容外科で行われている目のクマ治療の中には、切らずに即効性のある結果を得られる“切らない治療”も多数あります。そのため、今まで美容外科を利用したことがないという人や、切る治療に不安がある人などでも安心して治療を受けていただくことができます。

目の下のクマの“切らない治療”の種類

4-画像A

美容外科で行われている目のクマの“切らない治療”には、様々な種類があります。ここでは、目のクマの“切らない治療”の中でも高い効果と人気を誇る、「ヒアルロン酸注射」、「切らない脱脂術」、「レーザー治療」についてご紹介します。

ヒアルロン酸注射

「ヒアルロン酸注射」は、脂肪の膨らみやたるみによって形成される目の下の陰、いわゆる「黒クマ」を切らずに改善することができます。もともと人間の体内に存在するヒアルロン酸。ヒアルロン酸には細胞と細胞をつなぐ働きがあり、この細胞と細胞をつなぐ力を利用すれば、肌にハリや弾力を与えることが可能です。ヒアルロン酸を目の下に注射すると、クマのできやすい目の下の皮膚にハリと弾力が復活します。その結果、脂肪の膨らみやたるみによって形成される目の下の陰も目立たなくなり、黒クマ改善につながるのです。注射のため、短時間の施術でクマが改善できるという点も大きな魅力といえます。

切らない脱脂術

目のクマの多くは、加齢による筋肉の衰えや皮膚の下垂によって発生します。たるんだ目元は皮膚内部の脂肪が乱れて凸凹の状態です。それを改善できる方法としてあげられるのが、「脱脂術」です。脱脂術は、下まぶたの際をメスで切開し、皮膚内部の眼窩脂肪を摘出する治療法です。しかし、脱脂術では切開を行うため、どうしても皮膚をメスで傷つけてしまうことになります。結果、ダウンタイムも長引きやすく、仕事の忙しい人などは治療を受けたくても受けることができないという場合もあります。そこでおすすめなのが、「切らない脱脂術」です。切らない脱脂術ではまぶたの裏側にレーザーなどで小さな穴をあけ、そこから眼窩脂肪を摘出します。まぶたの裏側に施術を行うので傷も目立ちませんし、メスを使わない分身体への負担も軽いのが特徴です。この施術は、「経結膜脱脂術」ともいわれています。

レーザー治療

目のクマの原因には、目の下の皮膚のたるみが深く関与しています。目の下の皮膚のたるみは、加齢によって皮膚中のコラーゲンやヒアルロン酸の量が減少してしまうことで起こるものです。また、日焼けや目を擦る癖などによってできる黒い色素沈着も、目のクマの原因となります。皮膚中のコラーゲンやヒアルロン酸量をアップさせたり、目の下にできてしまった色素沈着を改善するには、「レーザー治療」がおすすめです。レーザー治療は、レーザーを照射するだけの手軽な治療です。そのため、肌に傷をつけることなく、クマを治療することができます。レーザーには様々な種類があり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すものやターンオーバーを促進させるもの、または美白効果が望めるものなど、種類によって期待できる効果が異なる点が特徴です。一人ひとりのクマの種類や症状に合わせて、医師が適切なものを提案します。

ヒアルロン酸注射、切らない脱脂術、レーザー治療、それぞれの効果や持続性、料金ってどんな感じ?

4-画像B

目のクマの“切らない治療”として高い効果と人気を誇る「ヒアルロン酸注射」、「切らない脱脂術」、「レーザー治療」の3つ。ここでは、この3つの治療における効果や持続性、料金相場についてご紹介します。

ヒアルロン酸注射の効果・持続性/料金相場

「ヒアルロン酸注射」は、目のクマの“切らない治療”の中でも比較的気軽に受けられる治療です。患部にヒアルロン酸を注射するだけなので、施術自体も数分で終わります。皮膚のたるみや脂肪の陰による黒クマに大変効果的で、ふっくらとしたハリのある目元に仕上がります。しかし、ヒアルロン酸注射は青クマや茶クマといった黒クマ以外のクマにはいまいち効果を発揮しません。ヒアルロン酸注射でクマを改善しようとお考えの場合は、まず担当医に自分のクマにヒアルロン酸注射が適しているかどうかを見てもらいましょう。なお、ヒアルロン酸注射の料金相場は、目のクマの“切らない治療”の中でも安価な傾向にあります。とはいえ、価格は美容外科によって大きく差があり、数千円で治療を受けられるクリニックもあれば、10万円以上掛かってしまうクリニックもあります。この料金の差には、治療に使用するヒアルロン酸の質や量、医師の技術力などが関係しているといえます。ヒアルロン酸注射の持続性は一般的に半年から一年とされていますが、ヒアルロン酸の質や量、そして医師の技術で大きく左右するものです。そのため、ヒアルロン酸注射を受ける際には、持続性を高めるためにも価格だけで美容外科選びをしないように気をつけましょう。

切らない脱脂術の効果・持続性/料金相場

「切らない脱脂術」は、目のクマの“切らない治療”の中でも最も高い効果・持続性が期待できる治療です。切らない脱脂術では、下まぶたにレーザーなどで小さな穴をあけて脂肪を摘出します。クマの原因となっている要因を確実に取り除くことができるため、半永久的な効果を期待することができます。余分な皮下脂肪がなくなることから、クマだけでなく、たるみの改善が期待できる点も大変魅力的です。そんな切らない脱脂術の料金相場は、200,000円~400,000円です。半永久的な効果が期待できる点や高い技術力が必要な点から、ヒアルロン酸注射やレーザー治療よりも料金相場は高くなっています。治療費が安価ではないことから『少しでも安く…….』と料金メインで美容外科選びをする方もいるかもしれませんが、切らない脱脂術を受ける際には切らない脱脂術の技術に定評のある優秀な医師が在籍するクリニックを選ぶことが大切です。

レーザー治療の効果・持続性/料金相場

「レーザー治療」は、腫れや痛みが出にくい点やダウンタイムが短い点、色素沈着やくすみが原因の目のクマにも効果を発揮する点などが大きな魅力となっています。目の下の皮膚にレーザーを照射してターンオーバーを促進。コラーゲンやヒアルロン酸を増やしてクマを改善する治療なので、目元のたるみ解消や肌の弾力・ハリのアップにもつながります。1回では効果が出にくいため、数回にわたって治療を受ける必要はありますが、その度にクマが改善されていくのを実感することができます。半永久的な効果は望めないものの、治療を受ければ受けるだけクマやたるみの改善、肌の弾力・ハリのアップを図ることが可能です。色素沈着による茶クマにはジェネシスやCO2フラクショナルレーザー、目の下の血管が青く浮き出たような青クマには血行を促進するYAGレーザーがおすすめです。たるみなどによる黒クマには、肌の新陳代謝を活性化させるサーマクールなどが効果的とされています。なお、料金相場はレーザーの種類、そして美容外科によって様々です。料金に左右されず、まずは信用できるクリニックでカウンセリングを受け、自分のクマの症状にはどのレーザーが適しているかを提案してもらいましょう。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る