目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

自分のクマの種類、どうやって見分ければいい?

  • 目のクマ

目のクマは、年齢より老けて見られる原因となりうるものです。そんな目のクマには、青クマ、茶クマ、黒クマという3つの種類があります。種類により起こる原因や解消法が異なるため、きれいに解消するには自身の目のクマがどの種類なのかを把握しておくことが大切です。ここでは、それぞれが起こる原因と色の見分け方をご紹介します。

下まぶたのクマ……、一体何が原因なの?

クマのコラム1

肌の悩みにはさまざまなものがあります。なかでも、たるみや目のクマの悩みは、自身の肌年齢を一気に高めてしまう恐れがあるのです。この悩みを解消し、若々しさを取り戻すためには、それぞれの悩みに合ったケアを施すことが大切です。
とはいえ、たるみの解消法は何となく分かっていても、目のクマの解消法は知らないという人も多いのではないでしょうか。
目のクマには大きく3つの種類があり、それぞれ適切なケアを施さなければきれいに解消することはできません。くわえて、二度と同じ悩みを抱えることがないよう、原因を把握しておくことも必要です。そこで以下にて、青クマ、茶クマ、黒クマが起こる原因をご紹介します。

青クマが起こる原因

青クマが起こる原因は、血行不良です。血行が悪くなると血液が溜まり、これが下まぶた表面に透けることで目のクマとなって現れます。下まぶたを始め、目元は非常にデリケートかつ皮膚の薄い箇所です。そのため、ストレスや睡眠不足により血行が悪くなると、あっという間に青クマを起こしてしまうのです。

茶クマが起こる原因

茶クマが起こる原因は、色素沈着です。目元をこすってしまうと、その刺激により下まぶたが色素沈着を起こし、目のクマとして現れます。また、アイメイクのクレンジング不足により色素沈着を起こすこともあります。なお、目元を刺激すると、色素沈着だけでなくたるみをつくってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

黒クマが起こる原因

黒クマが起こる原因は、下まぶたのたるみです。下まぶたのたるみが皮膚に陰影をつくり、これがクマとなって現れるため、影クマとも呼ばれています。そして、下まぶたにたるみを引き起こす一番の原因は加齢といわれています。また、短期間での急激なダイエットが引き金となり、下まぶたのたるみを引き起こすこともあります。

鏡と向き合い、どの種類のクマなのかをチェック

肌の悩みを解消するには、その原因を突き止めることが大切です。そして原因を突き止めたら、その悩みに適したケアを施す必要があります。
もし目のクマで悩んでいるなら、まず自身のクマの種類を確かめましょう。青クマと茶クマ、黒クマは同じように見えて、それぞれに特徴があります。以下で紹介するチェック方法を試せば、自身のクマの種類を知ることができ、肌の悩みをひとつ解消できます。

青クマの場合

青クマかどうかを見分けるためには、2つのチェック方法を試してみるのが適切です。ひとつは下まぶたを引っ張ること。血行不良が原因である青クマは皮膚の下に溜まっている血液の色が透けているだけで、皮膚自体に色がついているわけではありません。
そのため、下まぶたを引っ張っても青クマが動くことはありません。そしてもうひとつは、青クマのある箇所にメイクを施してみるというもの。ファンデーションでカバーできるようなら、そのクマは青クマか茶クマのどちらかになります。

茶クマの場合

茶クマかどうかを見分けるためには、青クマのチェック方法同様、下まぶたを引っ張ったりファンデーションを塗ったりしてみるのが適切です。ファンデーションを塗ってカバーできるという点は青クマと相違ありませんが、茶クマの場合、下まぶたを引っ張ると茶クマも動きます。
その理由は、色素沈着により皮膚自体に色がついてしまっているから。下まぶたを引っ張るとクマも動く、また元の位置からクマが消えるようであれば、茶クマの可能性が高いといえます。

黒クマの場合

黒クマかどうかを見分けるためには、皮膚を引っ張ってみるのが一番です。下まぶたのたるみを伸ばすように皮膚を引っ張り、クマが消えれば黒クマということになります。また皮膚を引っ張らずとも、顔を上に向けた状態で鏡を見てクマが薄くなるようなら、黒クマである可能性が高いといえます。
このほか、メイクでチェックすることも可能です。たるみの陰影が原因である黒クマの場合、皮膚に色がついているわけではないため、ファンデーションを塗ってもカバーできません。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る