目のクマのお悩みを解消 お悩み相談室

目のクマのお悩みを解消お悩み相談室

目のクマのお悩みを全て答えます

色素沈着によってできた目の下のクマ。原因って? | あなたのお悩み相談所

目のクマにはいくつか種類がありますが、そのなかのひとつに色素沈着によってできるクマがあります。この色素沈着による目のクマは、クマのなかでも比較的よく見られるものです。そんな色素沈着による目のクマですが、どういったものが原因で発生するのでしょうか。目のクマは見た目にもよくないため、原因をしっかりと探ってきちんと対処できるようにするべきといえます。そこで今回は、色素沈着によって発生する種類の目のクマの原因についてご紹介します。

色素沈着が原因のクマ、茶クマとは

人の目の周りには、たくさんの毛細血管が通っています。その毛細血管に血液が流れることで、栄養や酸素も循環しています。しかし、そんな毛細血管が集まる目の皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないため乾燥しやすい場所でもあります。そこにさまざまな刺激などが加わることによって、目のクマは発生していくのです。クマには大きくわけて3種類あり、それぞれ青クマ、茶クマ、黒クマなどと呼ばれています。色素沈着が原因で発生するクマはそのなかでも、茶クマと呼ばれる種類のものです。目のクマの原因としては睡眠不足がよくあげられますが、それ以外の主な原因のひとつに紫外線があります。紫外線が肌に当たるとメラニン色素が肌に浸透してしまい、それが蓄積することで茶クマとして現れるのです。茶クマの特徴としては、目元の皮膚が黄色がかって見えたり、茶色く見えたりすることがあげられます。また、色素沈着によって発生している種類のクマであるため、体調がいい場合でもクマは消えません。茶クマを直すためには、色素沈着自体をケアするしかないのです。

実は2種類ある茶クマの違い

一口に茶クマとはいいますが、その種類は実は2種類あります。自分の目のクマがどちらの茶クマであるかによって対処も変わるため、違いを覚えてしっかりと見極める必要があります。茶クマの種類は、どこに色素沈着ができているかによって変わります。ひとつは、表皮にできている場合。この場合の茶クマは比較的軽いもので、紫外線のダメージや目をこすりすぎたことで色素の沈着が起きています。また、これら以外にもアトピー性皮膚炎や化粧品かぶれといったものが原因となって発生している場合もあります。目の下だけでなく、まぶたなどにも発生することがあるため注意が必要です。表皮の色素沈着が原因で発生した茶クマの場合、美白効果のある化粧品を使うことでケアすることができます。ビタミンC誘導体が含まれている化粧品であればより効果的です。もうひとつは、真皮にできている場合。この場合、真皮にまでしみ込んだメラニン色素が遅発性両側性太田母斑様色素斑というアザになって現れます。対処方法はレーザー治療などクリニックを利用するのが一般的です。

茶クマに刺激は要注意!

目のクマのなかでも色素沈着が原因で発生する茶クマは、血行不良などが原因で発生するクマとは対処法が異なります。それどころか、同じようにしてしまうと逆に悪化させてしまうこともあるのです。たとえば血行不良が原因でクマが発生している場合は、目の周りをマッサージするなどして血行をよくするのがひとつの対処法です。しかし、これを茶クマに対しても行うのは、良い方法とはいえません。マッサージなどで血行をよくするとくすみの原因になってしまうことがあるため、茶クマがひどくなってしまうことも考えられるのです。目の周りの筋肉をほぐす・鍛えるのは茶クマに対しても効果的ではありますが、過度なマッサージなどは悪化の可能性があるため注意が必要です。普段から目をこするクセがある人も要注意です。目をこするのも、茶クマが悪化する原因のひとつです。このほか、メイクを落とす際にも注意が必要。アイメイクを落とすとき、落ちにくいからといってゴシゴシこすってしまうとこれも茶クマを悪化させます。

病気の可能性も

前述したように、茶クマは色素沈着が原因で発生するものであるため、見た目の問題はあるものの身体的にはそう大きな問題ではありません。しっかりケアをすれば改善することも難しくありません。しかし、いくら解消するための努力をしても、場合によっては改善しないこともあります。そういった場合、単なる色素沈着による茶クマではなく、何らかの病気が関係していることもあります。目のクマが現れる病気としては、貧血や低血圧、糖尿病、肝臓病、腎臓病、甲状腺機能亢進症、アトピー性皮膚炎などがあります。放っておくと大きな問題になってしまうこともあるため、ケアをしても茶クマが一向に改善しないという場合にはクリニックを受診しましょう。病気ではなくても改善しにくい場合があり、その場合もクリニックの治療を受けることで改善が期待できます。

 

色素沈着が原因の目のクマの治療法とは

前述のとおり、「茶クマ」の色素沈着には2種類の原因があります。ビタミンC誘導体など美白効果のある成分が含まれた化粧品を継続的に使っても、目のクマがなかなか改善されない場合には、「真皮にできた茶クマ」を疑った方がいいでしょう。

真皮にできた目のクマ「茶クマ」は、コンシーラなどで隠すのも限界がありますが、美容外科クリニックでの治療で、改善していくことは可能です。クリニックでの主な治療法は2つあります。「ライムライト」と「スタックトーニング」です。以下では、ライムライトやスタックトーニングの治療法について詳しくご紹介します。

色素沈着クマの治療法 その1ライムライトとは

ライムライトとは、日本人向けに開発された「光治療」のことを指します。特定の箇所に向けて照射するレーザー治療とは異なり、特殊な光を顔全体に照射することで、さまざまな美肌効果が得られる治療法となっています。この治療法は、ライムライト機器のランプから照射される「フラッシュランプ」と呼ばれる光を皮膚表面から真皮にまで届けることで、メラニン色素の排出を促したり、皮膚の再生を早めるよう促したりすることができます。このような機器の特徴から、メラニンによる色素沈着が原因の目のクマの改善に特に効果的だとされています。

フォトフェイシャルとは何が違うの?

ライムライトは、光を照射するフォトフェイシャルと一緒ではないの?」「ライムライトとフォトフェイシャルは何が違うの?」と思う方も多いでしょう。フォトフェイシャルの効果も確かに優れたものではありますが、ライムライトは、フォトフェイシャルよりも効果的に「日本人の目のクマ」の原因を改善することが可能だとされています。

フォトフェイシャルとライムライトの大きな違いは、「日本人向けに開発された美容機器であるかどうか」です。フォトフェイシャルはもともと欧米人などの白人に向けて開発された機器であるため、比較的メラニン色素の多い日本人が利用すると、赤みが生じたり、痛みが伴ったりするケースがありました。これらの副作用とも呼べる症状は、美肌を目指す方にとって避けては通れない一時的な代償として受け入れられていた面もありますが、ライムライトは初めから日本人に向けて開発された機器であるため、フォトフェイシャルで発生する副作用を軽減することができます。比較的メラニン色素の多い日本人でも安心して使えるということ。また、十分な効果が期待できる。という両面を兼ね備えた美容機器なのです。

色素沈着クマの治療法 その2スタックトーニングとは

スタックトーニングとは、肝斑治療に用いられる「レーザー治療」のことを指します。スタックトーニングでは、シミ治療によく使用される「QスイッチYAGレーザー」を用います。ただし、一般的な治療法とは異なり、スタックトーニングの治療では、このQスイッチYAGレーザーを特別に設計された照射技術で用います。特別に設計されたレーザー技術というのは、「トップハット型照射」と呼ばれる照射技術です。

一般的なQスイッチYAGレーザーでは、「ガウシャン型」と呼ばれる照射法が用いられています。ガウシャン型では、レーザーが当たる「スポット」と呼ばれる部位のうち、もっとも強いパワーを受けるのは中央部で、そして周辺部にかけてパワーが弱くなります。これに対し、スタックトーニングに用いられるトップハット型照射は、スポットの中央部にも周辺部にも同じパワーでレーザーが照射されることが特徴です。部位によってレーザーのパワーが弱すぎたり強すぎたりすることがないので、全体的に均等にレーザー光線を照射することができます。

肝斑に速く効く、スタックトーニング

日本人の約40%の女性に「肝斑」があるといわれています。美しさの大敵でもある肝斑を治療するためには、これまでは内服治療を行うことが一般的でした。しかし、内服治療では速効的な効果は期待できず、効果が現れるまでに2年かかるという説もあり、万人受けする治療法とはいえませんでした。しかし、特殊なレーザーを照射することでメラニン色素の過剰生成を抑制し、症状を改善するスタックトーニングが登場したことで、肝斑の短期的な治療と原因の改善が可能になりました。

肝斑治療に用いられる技術を茶クマ治療にも

特殊な技術を用いるスタックトーニングは、色素沈着が原因の目のクマ治療にも用いることができます。また、スタックトーニングはダウンタイムが無いのも特徴ですので、術後すぐにメイクができるのも嬉しいポイント。時間を気にせず治療する事が可能なため、人気の治療法です。

このように、ライムライトやスタックトーニングは、色素沈着が原因で真皮に生じた目のクマや、表皮にできた茶クマを効果的に改善することができます。あなたのクマの原因に合わせた治療で、目のクマを効果的に改善し、明るい目元を取り戻しましょう。